【徹底解説】ドコモ au ソフトバンク「最新のスマホの機種代金が半額」を最大限おトクに使う方法

「対象のスマホがおトクに!」「最新スマートフォンが最大半額OFF」「機種代金半額!」と携帯各社が「おトク」をキーワードに新しい買い方をすすめていますがどうすれば最大限「おトク」になるのか検証します。

サービスの概要説明

まずは各社の共通部分について説明します。
なお説明をわかりやすくするために分割回数期間を設定していますが、各社サービスで異なります
具体的なサービスについては、各社サービスの解説を参照してください。

「スマホを48回*の分割で購入し途中で回収(返却)すると残りの分割金を支払わなくていい」というものです。
*48回は一例でサービスにより24回、36回、48回と異なります。

このサービスを利用するためには加入条件適用条件を満たすことが必要です。

加入条件

加入条件は機種を購入する時にサービスに申し込むための条件です。
① 対象機種であること
②分割での購入であること
各社のそれぞれのサービスについて、分割回数も決められています。

適用条件

適用条件はのちに機種を返却するときの条件で、分割金残額の支払いが不要になる条件です。
①機種を回収(返却)すること
機種は必ず回収(返却)します。そして回収機種の査定があります。
②一定期間機種を利用すること
最低の利用期間が決められています。

機種を2年を超えて使った場合

機種を24ヶ月利用して回収(返却)でおトクとなっていますが、2年半利用した場合はどうなるのでしょうか?

機種を24ヶ月より長く利用する場合、利用している間は本体の分割は払い続けます。
そして、機種変更した後の分割残額について支払わなくていいとなっています。
図の例では、2年6ヶ月本体代金の分割金を支払って、機種変更後の残り1年6ヶ月の分割金だけ支払いが不要となります。

2年以内に機種変更する場合

では、2年以内に機種変更した場合はどうなるのでしょうか?

機種を1年3ヶ月で機種変更した場合でも、2年分の分割金は支払わなくてはなりません。
機種は機種変更のタイミングで回収され、その後も分割金は2年間たつまで払い続けます。

最低利用期間

購入したもののすぐに機種変更したい場合は、サービスは利用できません。
各サービスそれぞれに最低利用期間が設定されていてその期間は機種を使うことになっています。

ドコモ「スマホおかえしプログラム」

スマホおかえしプログラム

ドコモの「スマホおかえしプログラム」は2年後の機種購入月に機種を回収(返却)するのがおトクです。
具体的に見ていきます。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」は携帯の端末を36回払いに設定すると最大12回分支払わなくていいというものです。

加入条件

① 対象機種であること
② 36回の分割で購入すること

他社は36回払いで最大24回支払い不要に対して、ドコモは36回払いで最大12回支払い不要です。
なので支払い不要になる金額は最大1/3で他の2社の最大1/2に比べて負担は大きくなります。

料金プランについてドコモは指定がありません。
旧料金プランのままで「スマホおかえしプログラム」への加入が可能です。

適用条件

① 12ヶ月以上機種を利用すること
② 利用機種を返却すること(返却機種の査定あり)

最短で12ヶ月利用すれば「スマホおかえしプログラム」を利用することができます。
ただし、12ヶ月で機種を返却しても24回分の分割代金は支払う必要があります。

ドコモは機種を回収する際に、新しい機種の購入が条件ではありません。
ドコモで機種を購入する必要がないため、新しいiPhoneをApple Storeで購入した場合やすでにドコモを解約している場合などでも今の機種をドコモが回収さえすれば最大12ヶ月支払い不要となります。
他の2社については機種変更(購入)が条件となっているため、ドコモは条件がゆるくなっています。

au

auは携帯の端末を48回払いに設定すると最大24回分支払い不要の「アップグレードプログラム EX」とiPhone向けの24回払いに設定すると最大12回分支払い不要の「アップグレードプログラム EX(a)」の2種類あります。

「アップグレードプログラム EX」はプログラム料が24ヶ月間、月に390円(390円×24ヶ月=9,360円)かかります。
プログラムを利用せずに機種変更した場合のみWALLETポイントで返還されます。

アップグレードプログラム EX(Android/iPhone)

加入条件

① 対象機種であること
② 48回の分割払いで購入すること
③「auピタットプラン」または「auフラットプラン」に加入すること

「auピタットプラン」または「auフラットプラン」の加入が必要で、それ以外の料金プランでは申し込みができません。

適用条件

① 12ヶ月間以上機種を利用すること
② auで機種変更(購入)すること
③ 機種変更の時に旧機種を回収すること

最短で12ヶ月利用すれば「アップグレードプログラム EX」を利用することができます。
ただし、12ヶ月で機種を返却しても24回分の分割代金は支払う必要があります。

auは機種を回収する際にauでの機種変更(購入)が条件です。
Apple Storeで機種を購入した場合やauを解約した(他社に乗り換えた)場合は「アップグレードプログラム EX」を利用できません。

2年以内に機種変更した場合

auで2年以内に機種変更した場合、機種変更するときにプログラム利用料の残額を「前倒し利用料」として支払います。
また、途中で機種変更した場合でも2年分の分割金は支払わなくてはならないのは同じです。

アップグレードプログラム EX(a)(iPhone)

auでは「アップグレードプログラム EX」の他にiPhone専用として1年ごとに機種変更することを想定した「アップグレードプログラム EX(a)」があります。
こちらは「プログラム利用相当額」を割引しています。

加入条件

① iPhoneのうち対象機種であること
② 24回の分割払いで購入すること
③「auピタットプラン」または「auフラットプラン」に加入すること

適用条件

① 6ヶ月間以上機種を利用すること
② auで機種変更(購入)すること
③ 機種変更の時に旧機種を回収すること

ソフトバンク

半額サポート

ソフトバンクは携帯の端末を48回払いに設定すると最大24回分支払わなくていい(「最大半額OFF」と言っています。)というものです。

加入条件

① 対象機種であること
② 48回の分割払い(新スーパーボーナス)で購入すること
③「データ定額サービス」または「パケットし放題フラット for 4G LTE/4G」に加入すること

「データ定額サービス」または「パケットし放題フラット for 4G LTE/4G」の加入が必要で、それ以外の料金プランでは申し込みができません。

適用条件

① 6ヶ月間以上機種を利用すること
② ソフトバンクで機種変更(購入)すること
③ 機種変更の時に旧機種を回収すること

まとめ

スライド →

  ドコモ au ソフトバンク
プログラム名 スマホおかえしプログラム アップグレードプログラム EX アップグレードプログラム EX(a)
iPhone専用
半額サポート 機種変更先取りプログラム
加入条件 プログラム料 無料 390円/月 390円/月 無料 無料 300円/月
前倒し手数料 2,000円
指定プラン なし 「auピタッットプラン」
または
「auフラットプラン」
「データ定額サービス」
または
「パケットし放題フラットfor 4G LTE/4G」
支払い回数 36回 48回 24回 48回割賦 24回割賦
適用条件 最低支払い回数 24回 24回 12回 24回 24回
(最大7ヶ月分を通信料から割引)
最低利用期間 12ヶ月間 12ヶ月間 24ヶ月 12ヶ月
次機種の購入 auで購入(機種変更) 「半額サポート」または「機種変更先取りプログラム」の対象機種を購入(機種変更)